フランス語の特殊文字を実体参照を使ってHTMLで表示する

2016.07.15

フランス語の特殊文字をHTML上で問題なく表示させたい

イメージ画像
ワインやチーズなどのフランス語の書かれた食材や、ちょっとしたフランス映画のタイトルなど、
ごくごくたまにフランス語で入力する機会があります。

ただ普通に入力しても表示されてはいるのですが、
直接記述するのはおすすめできず特殊文字にあたるので文字の実体参照で入力することをおすすめします。

代表的なところでは、
HTML:
É // É(アクサン・テギュ / accent aigu)
é // é(アクサン・テギュ / accent aigu)
À // À(アクサン・グラーヴ / accent grave)
à // à(アクサン・グラーヴ / accent grave)
È // È(アクサン・グラーヴ / accent grave)
è // è(アクサン・グラーヴ / accent grave)
Ù // Ù(アクサン・グラーヴ / accent grave)
ù // ù(アクサン・グラーヴ / accent grave)

あたりではないかと思います。

たまにしか使わないのですが実体参照として用意されているので、
頭の片隅でこんなのがあったなくらいでおぼえておいても損はないと思います。

参考にしたホームページ・ブログ- I thank for this article. -

← 【jQuery / CSS】擬似クラスのfirst-childの使い方
AndroidのChromeブラウザでフォントサイズが大きくなってしまう場合の解決方法 →