【WordPress】wp_head()でhead内に挿入される色々なコードを削除する

2015.03.28

WordPressのバージョン情報、Feedリンク、色々出力されるコードでいらないものは消したい

イメージ画像
WordPressではプラグインやカスタマイズ時に必要なファイルやコードを出力する
PHP:
wp_head();
というタグがあり、だいたいheadタグの終了タグ直前などに入れます。

このタグは他にもWordPressのどのバージョンが使われていますよーとか、
RSSFeed用のURLはこれです。など色々な情報を吐き出してくれます。

それはそれでいいのですが、時に必要のない情報や、
セキュリティ的に伏せたい情報も吐き出してしまいます。

その色々吐き出してくれる情報のなかでいらないものを消したいときは、
functions.phpに、
PHP:
remove_action( $tag, $function_to_remove, $priority, $accepted_args );
で消すことができます。

  • $tag … 除去する関数がフックしているアクションフック。※必須
  • $function_to_remove …除去する関数名。※必須
  • $priority …関数の優先度。初期値:10
  • $accepted_args …関数が受け入れる引数の数。初期値:1


ちなみのウェブ式では、
PHP:
remove_action('wp_head','index_rel_link');
remove_action('wp_head','parent_post_rel_link',10);
remove_action('wp_head','start_post_rel_link',10);
remove_action('wp_head','adjacent_posts_rel_link_wp_head',10);
remove_action('wp_head', 'wp_enqueue_scripts', 1);
remove_action('wp_head', 'feed_links', 2 );
remove_action('wp_head', 'feed_links_extra', 3);
remove_action('wp_head', 'rsd_link');
remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link');
remove_action('wp_head', 'index_rel_link');
remove_action('wp_head', 'parent_post_rel_link', 10, 0);
remove_action('wp_head', 'start_post_rel_link', 10, 0);
remove_action('wp_head', 'adjacent_posts_rel_link', 10, 0);
remove_action('wp_head', 'locale_stylesheet');
remove_action('wp_head', 'wp_print_styles', 8);
remove_action('wp_head', 'wp_print_head_scripts', 9);
remove_action('wp_head', 'wp_generator');
remove_action('wp_head', 'adjacent_posts_rel_link', 10);
remove_action('wp_head', 'rel_canonical');
remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head');
と色々消しちゃってます。

ソースを確認するときも不必要なタグがない方が見やすくていいですね。
← WordPressで自動で読み込まれるjQueryを読み込ませない方法
【WordPress】画像をアップロードした時に生成されるサムネル画像のサイズをfunctions.phpで追加する →