【TinyPNG】PNG画像のデータ量を圧縮して軽量化してくれるウェブサービス

2015.02.10

PNG画像を使う機会が増えてきたときに使用する画像の重さが気になる。。

イメージ画像
ホームページ制作にPNG画像を使う機会があると、
気になるのが画像それぞれのデータ量ですね。

そんなPNG画像をアップロードするだけで圧縮して軽量化してくれるウェブサービスが、
TinyPNGです。

使い方

TinyPNGの使い方は、
まず圧縮したいPNG画像を用意できたら、
「Drop your .png or .jpg files here!」と書かれた点線のエリアに画像をドラッグ&ドロップします。
※「Drop your .png or .jpg files here!」をクリックして通常のファイルアップロードを使用することもできます。

この時に複数枚の画像があればいっぺんにアップロードもできるので、
わざわざ1枚ずつアップロードしなくてもいいのは大変助かります。

アップロードしたら、
次から次へと圧縮してくれて、
元画像からどれくらい圧縮されたか、全体でどれくらい圧縮できたかも表示してくれます。

圧縮が終わった画像は列の右側にある「download」からそのままダウンロードできますが、
一括でのダウンロードはできないようです。(ダウンロードするボタンなどが見つけられませんでした。。)

でも画像によっては50%以上も圧縮してくれるのですごい便利なウェブサービスです。

注意点としては圧縮しているので圧縮したPNG画像の再編集には気をつけることくらいです。
「テストでは全体で17%の圧縮率になりました。」のイメージ
テストでは全体で17%の圧縮率になりました。

参考にしたホームページ・ブログ- I thank for this article. -

← jQueryでページに必要な画像をあらかじめ先読みする方法
【Pingdom Website Speed Test】ホームページの表示速度、リクエスト回数とファイルの読み込み時間を可視化するウェブサービス →