【PHP基礎】PHPのfor命令を使って九九の表を出力する

2016.07.20

繰り返し処理のfor文で表を出力してみる

イメージ画像
突然ですがPHPの基礎をやり直す機会がありましたので、
気が向いた時に基礎編的なものを掲載しようと思います。

PHPの書籍や誰かしらに繰り返し処理のレクチャーをされた時に、
九九表をtableタグで出力してみてくださいという問題を出される時があります。
(困ったときはPHPマニュアルで調べてみましょう!!)

だいたい想像はつくと思うのですが、
for文の入れ子を使用して九九表を出力するというパターンの解答の時に、
初心者なのでfor文の入れ子を習っていないと単純に戸惑ったり、
ついで的に教えてもらったカンマ演算子を使用してできないかとワタワタしてしまいます。
(自分もワタワタしてしまったうちの一人です)

ということで解答の一つとなるPHPの記述は、
PHP:
//解答例1
print '<table border="1">';
for($i = 1; $i < 10; $i++) {
    print "<tr>";
    for($j = 1; $j < 10; $j++) {
        print "<td>". ($i * $j) ."</td>";
    }
    print "</tr>";
}
print "</table>";
という記述で書ければ問題ないと思います。

今回はいきなりfor命令を使って九九表を出力するということをしましたが、
カレンダーや通常の何かしらの表や tableを出力する際によく使う処理です。

たまにこういった基礎編的なものも混ぜながら更新していきたいと思います。
ただ気まぐれなので不定期で。。

参考にしたホームページ・ブログ- I thank for this article. -

← 【Particleground】ウェブサイトの背景に幾何学的でジオメトリックな模様を表示できるjQueryプラグイン
【jQuery RWD Image Maps】レスポンシブサイトでイメージマップ(クリッカブルマップ)を使えるjQueryプラグイン →